青森を自分の足で漕ぐサイクリング観光ツアーの経緯 №4

2013年8月31日

06

青森の未来は暗い・・・。
それを奪回するには、今ある観光資源を有効に活用しなければと、頭をひねっているうちに、パラオ共和国の観光システムを思い出した。。。
一度、このシステムを青森県の観光で生かせないものか?それを試すのも手か!と思い4月ごろから計画を練り始めた。。。
んん・・・、そうしなければ、せっかく学卒から育てた内の従業員がリストラになってしま・・・うっっ~・・・と、首を切るのは簡単・・・。

しかし、経営者というもんは船の船長と同じ。

乗組員を無事港まで届け、帰宅させるのが使命。。。

簡単に船から海に突き落とすことはできない。

そう思うと、嫁さんや母ちゃんが働く旦那や息子のためにと朝早くから起きてせっせっと作った弁当を会社に持って来て、口の中にほお張る従業員の姿を遠くから見ていると、これは絶対に成功しなければならないと感じ…、作業を進めた。。。
そして、5ヶ月かかってやっとのことで「青森を自分の足で漕ぐサイクリング観光ツアー」を完成(グリコ・マーク!)。。。
いろいろ、パラオ観光ツアーシステムを青森県に会わせるて1人で手がけるの大変だった。。。
で、今後はツアーを行いながら肉付けや肉を削ったりとしなければならない。。
出来たてのホームページを見つめながら、これからのツアーのことで頭をひねっているこのごろです・・・。。。

そうしなければ、ワシの会社も青森県も、逆のグリコ・マーク(お手上げ)じゃぁ~!!!
(写真:テスト走行風景ワシ)

Contact ご予約・お問い合わせ

ツアーについてのご質問・ご要望等、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約はこちらから